ディープ用♪

最近、ディープに潜む大物が気になってしょうがないのんき
久々に鋳型を作ってみましたよ♪



ディープ用を作るにあたって
碧丸さんからは
タイラバのリクエストがあったのですが
タイラバの形状では巻き抵抗が大きすぎると判断して
今回はインチクにしてみました


まずは紙粘土で形成してコーティング
bp-170531-1.jpg
試作のマスターブランク完成

ディープジギングをしてみて最低でも
400gは必要と判断して大きめにしてみました
たぶん 400g以上はあるのではないかと・・・


次は耐熱シリコンで鋳型を作ります

粘土を平らに伸ばしてマスターブランクをのせ
マスターブランクの周りにブロックで壁を作ります
bp-170531-2.jpg
細かい説明は省略します

そこへシリコンを流し込みます
bp-170531-3.jpg
気泡が入らないようにゆっくりね

bp-170531-4.jpg
今回の型は片面で 400gのシリコンを使いました


シリコンが固まったら
ひっくり返して粘度をはがし
対面側の型を作るためブロックを積み上げ
シリコンには剥離剤を塗ります
※この作業の写真撮るの忘れました(笑)


こんな感じで完成!
bp-170531-5.jpg
鉛を流し込む穴と空気抜き用の穴を作ります


bp-170531-6.jpg
鉛を流すとこんな感じ♪


気になる重さは?
bp-170531-7.jpg
  550g

ちょいと重すぎたかもしれないけど
軽いよりはいいかな

ちなみに鉛はアンチモン10%の硬鉛
のんきの仕入れ値は 1,134円/㎏なので
この状態の鉛で624円ほど・・・


この後は表面をパテ、ペーパーがけで表面を整え
ラインを通す穴をドリルで広げます
今回は太いリーダーを使用するので
φ5 にしてみました
そしてコーティングを数回して完成
bp-170531-8.jpg
試作なので塗装無し
穴を広げたので少し軽くなりました


なんでもそうですが試作ってお金がかかります
試作 2個にかかる費用は

耐熱シリコンが 約4,000円/Kgなので
今回は 400g×2 なので 3,200円
鉛が 550G×2 で 1,248円
コーティング液はさほど使用しませんが
のんきはウレタンを使用しているので
無駄になる量が結構発生します
他にはフックやアシストライン、その他・・・

そのまま量産になれば良いが
すべてが使い物にならないなんてことも(汗;)

もっとも
そんな工程や費用も
魚が釣れた時に報われます(*^^*)

今回の試作品は
アシストライン(フックの)の長さを変えてます
どの位の長さが良いのか分からないですからね


さて、ディープを攻めるには小潮の時が良いのですが
550gあるので、もしかすると小潮でなくても大丈夫かな?
潮以外にも天候にも左右されるので
何時出撃できるが分かりませんが
ある程度、強行的にでも出撃して
早いとこ試してみたいです

今夜はアラが釣れるように
祈りながら・・・ウィーッ(*^¬^*)/(酒)



スポンサーサイト

ディープジギングは・・・②

前回、ジグがボトムまで届かず断念したのんき(汗;)
今回は 300gと400g のジグを購入して再チャレンジです
bp-170519-2.jpg


5月19日 小潮♪

この日は午前中の風は弱い予報なので
風・塩がきつくなるまでディープジグング一本で通します

05:40 出航
bp-170519-1.jpg
凪の海をポイントまで急ぎます

1時間と20分くらいで最初のポイントに到着
早速 400gのジグを投入
      (*`◇´* )ノ ⌒* チャポン
少し流れるようなのでギアを入れてちょこっとだけ位置修正すると
良い感じでジグが沈んでいきます

魚探の表示では水深220m
ラインが250ほど出たところで着底
底から 10~20m あたりをスローで探っていきます
ゆっくりとボートが流れ水深が170mまで探ったところで
ジグを回収
すると50mくらい巻き上げたところで
    ズシッ!  グンッ グンッ!
魚です(汗;)
しかしながらヒットレンジからすると本命ではないかな?
どんな魚か想像しながら巻き上げていると
思い浮かぶ魚が一つ
夏場のディープで良く釣れるというアイツ

そして上がってきたのは想像していた通りの
bp-170519-3.jpg
シマガツオ(エチオピア)
まだ食べたこともなければ釣ったのも初めて
どんな味がするのか・・・・とりあえずキープです

ポイントを移動して数か所を探ってみました
ジグは途中で 300gも使ってみましたが
300gではちょこっときついかな
そしてこの日はジグの回収とフォールでシマガツオで
1匹だけこんなのがかかりました
bp-170519-4.jpg
ユメカサゴ

ちなみにユメカサゴは何時かかったのかまったく分かりませんでした
あげたら釣れていたというやつ(笑)


本日の釣果
シマガツオ・・・・7匹(50㎝前後)
ユメカサゴ・・・・1匹


本命はお預けでしたがとりあえず釣れました♪
シマガツオは3匹キープして
1匹は味見の為持ち帰り
2匹を碧丸さんに押し付けました(笑)
そのお詫びに高級魚のユメカサゴをプレゼントしましたよ

気になるシマガツオの味ですが
旬を外しているようで脂はなく
とりあえず生を一口
   。≠( ̄~ ̄ )モグモグ・・・
翌日にムニエルにしてみると
   。≠( ̄~ ̄ )モグモグ・・・

残りは味噌漬けにしましたがどんな味になるか・・・
まったく期待できません(爆;)


そんな訳でディープジギングは400g以上を使った方がよさそう
あとはどのくらいのレンジまで探るかでジグの重さを重くすれば良い


        ・・・


今回の200m前後で体力が限界です(滝汗;)
シマガツオもタックル的にはゴリ巻きできますが
途中でちょこっと休憩しちゃいます(笑)

電動リール買っちゃおうかなぁ~(;-_-;) ウーム




ディープジギングは・・・

5月12日 06:30~15:00

今回は鯛ラバと
東京湾のディープジギングのお試しをしてみましたよ
とは言ってもnonky号はドテラ流しだし
タックルも手持ちのみでのチャレンジなので
潮止まりの短時間のみのお試しの予定
果たして結果は・・・・



ひとまず干潮までの間は鯛ラバです
何処でやるか悩みましたが走水沖スタートして
南下しながらディープポイントへ移動することにしました


走水沖に着き二流しめで
  ガツッ! ガツッ! ときました♪
bp-170512-1.jpg
幸先の良いスタート!

しかし後が続かず
ポイントを大貫沖、竹岡沖、航路入口と移動していき
干潮の頃にディープポイントに到着
・・・・魚のあたりはだけでした(汗;)


ここでは200m付近を中心に狙う予定
bp-170512-2.jpg
手持ちで一番重かった200gのジグにPE3号-300m
果たしてボトムまで届くのだろうか?
風もちょっと強めだし・・・

とりあえずジグを投入 ( ̄ー ̄)ノヽポイッ
・・・・流れてボトムまで届きません(汗;)

風予報を見入ると次期に風向が変わり
そのタイミングで風がおさまるようなので
一旦浅い方に移動することにしました

ディープポイントに近いところで巻き巻き
すると ガツッ! ガツッ! ときました♪
2.5Kgの真鯛!
とりあえず魚は居ます
・・・・ディープでないところにはね

干潮から1時間ほどして風がおさまりました♪
再びディープポイントへ戻り
とりあえず 150m からスタート

・・・・

風が無いのにボートが南に流れます
干潮から上げに変わっているので北に流れると思うのだが・・・
しかもジグは北に流れているみたい
これって2枚潮?

200mどころか150mでさえボトムへ届きません(滝汗;)

ってことで
ディープジギングのお試し終了 ( ▽|||)サー

帰りは神奈川方面を北上しながら巻き巻き
ホウボウを追加で終了


本日の釣果
真鯛・・・・2枚(1.5Kg、2.5Kg)
ホウボウ・・・1匹
bp-170512-3.jpg



ディープジギングのお試しは釣りにはなりませんでした
小潮の潮の動かない時、風のない時にしか成立しない感じ
しかも 200gのジグではかなりキツイですね~
300g以上ないとダメかもしれません
次にチャレンジする時は小潮にするとして
ジグをどうするか?
面倒だから餌釣りにしちゃおうかな(笑)

えっ!

『なんでいきなりディープジギングなんだ?』 って思う方は

こちらをみて見て下さいな
      ↓
こんなのが釣れちゃうんです